FC2ブログ

相続税法の上級演習8回目を受けました

相続税法の上級演習8回目を受けました。

今回は計算にだいぶ時間がかかりました。
理論32分+計算83分=115分/120分

いつも計算問題を先にやります。
今回は70分で一旦計算問題をやめて、理論をやってからまた計算の残りに戻りました。

計算は、財産評価関係は問題なく、課税価格の合計額まで合わせられました。が、税額控除で間違えてしまいました。
贈与税額控除で電卓の入力間違い。(計算過程欄の計算式は間違えていないのに答えが違う。)
相次相続控除で純資産価格の集計で数字の拾い間違いをやりました。
後半の時計を気にしながらの時間帯はミスが出やすいです。
あと、配点はありませんでしたが、配偶者の算出税額で数字の読み間違いをしました。

数字の読み間違い、書き間違いが減りません。
今回のは、471,403円を417,403千円と。
その他、226,666円を266,666円
475,268千円を457,268千円など、
下手をすると一日に何回もやってしまいます。

理論でも間違いがありました。
”~持分の定めのない法人に対する課税の規定がある場合を除くほか~”を書き漏らしました。
今回は簡単な理論でしたが、計算が残っていたので、早く書き終わらせて早く計算に戻らなければという意識が強すぎて、猛スピードで書きすぎました。

120分との時間の付き合い方が本当に難しいです。
これまでの上級演習は120分で終わる問題ですが、本試験レベルの問題は120分では終わらない問題ですから、なお一層時間の使い方を考えなければいけません。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック