FC2ブログ

アコギの弦

税理士試験が終わって、趣味の時間が増えました。

税理士試験の勉強も趣味だと言えないこともないくらいどっぷり浸かっていましたけど。

最近は時間があるとアコギを触っていることが多いです。全然上達しないのが悲しいです。

アコギの弦にもたくさん種類があって、いろいろ試しているところです。

以下、自分用のメモ書きとして感想を残しておきたいと思います。張り替えた順です。

D'Addarioのフォスファーブロンズ弦・Custom Light .011-.052(EJ26)

柔らかくて優しい音がする。
ボリューム感は乏しい印象。
おとなし目のフィンガーピッキングには向いている。
張替えの直後はフォスファーブロンズ弦特有のキラキラ感が強く若干耳障りな感じ。音のまとまりにも欠ける印象。
4、5日弾くと落ち着いた音になって良い。
指ざわりも非常に柔らかく弾きやすいが、逆に柔らかすぎて手応えがない。
時間の経過による音の変化(劣化)が感じられやすい。

Martinのフォスファーブロンズ弦・CUSTOM LIGHT .011-.052(MSP4050)。

D'AddarioのEJ26と同じゲージ。3弦の太さは違う。
EJ26と同じように柔らかく優しい音。
EJ26ほどのキラキラ感はなく落ち着いた良い音。
張替え直後の違和感もなく、音のまとまりも良い。時間の経過による音質の変化も少く感じる。
弦が硬い。パキパキした指ざわり。EJ26が柔らかすぎたから特にそう感じたのかもしれない。

Martinのフォスファーブロンズ弦・EXTRA LIGHT .010-.047(MSP4000)

MSP4050と同じシリーズのEXTRA LIGHTゲージ。
音質は細くか弱い。ボリューム感は非常に乏しい。
元気なストロークには向かない感じ。
フィンガーピッキングでは更におとなしすぎる。
良いギターならもっと鳴るのかな。
弦はMSP4050に比べたら柔らいが、パキパキ感はある。
弦の柔らかさで言えば、D'AddarioのCustom Light(EJ26)の方が柔らかいと思う。

D'Addarioのフォスファーブロンズ弦・Light .012-.053(EJ16)。

EJ26と同じシリーズのライトゲージ。
Martinと比べるとキラキラ感が強い。
Custom Light(EJ26)と同じように優しく柔らかい音がする。
EJ26よりボリューム感もあって良い印象。
音のまとまり感もEJ26よりあるように思う。弦が柔らかいくとても弾きやすい。
全体的にバランスの取れた良い弦だと思う。
さすが定番の弦という感じ。

音の好みはMartinのCUSTOM LIGHT。でも弦の硬さと指ざわりのパキパキ感が気になる。
弾きやすさを優先するとD'AddarioのLightが良いかも。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック