FC2ブログ

簿記論から財務諸表論へ

前回(日商簿記2級から簿記論へ)からの続きです。

初めての簿記論の受験までは期間的な部分でも厳しい面がありましたが、1年間しっかり勉強すればやれそうだという思いから、受験後すぐに簿記論の学習をはじめました。

簿記論については、市販教材も充実しているので、当時はTACや大原の講座を受講するという考えはありませんでした。

また、当時は1年で2科目を受験するということも頭にありませんでした。今思えば、もっと早く2科目の受験というといことを考えていればよかったと思います。

2回目の受験に向けての簿記論の勉強は比較的順調に進めることができ、直前期と呼ばれる時期の前までには割りと余裕が出てきたこともあって、ようやく次の科目として財務諸表論のことを考えるようになりました。

財務諸表論の計算は、簿記論の計算知識があればプラスαでなんとかいけそうだという気がしたので、簿記論メインだけど財務諸表論もできるところまでやってみようと思って財務諸表論にも手を付けたわけです。

時間は短かったですが計算はなんとかなりました。でも3か月やそこらでは理論は何ともなりませんでした。もっと前からやっておけばよかったと、試験後の8、9月から簿記論と同時に財務諸表論も始めていればよかったと思いました。

こうして2回目の税理士試験は、がっつり本気の簿記論とほぼ記念受験状態の財務諸表論となりました。

そして、このあたりから、予定外というか計画外というか、思ったようにいかない税理士試験の試験以外の部分の難しさを感じ始めることになります。

2回目の簿記論をがっつり本気で臨んだわけですが、見事に手ごたえがまったく無い状態だったので、次こそは簿記論と財務諸表論の2科目合格だと気合を入れ直して日々の勉強を進めていました。

が、12月の発表でまったく予想もしていなかった簿記論の合格。
「なにそれ、だったら9月から別の科目勉強しておけばよかったじゃん。なんなんだよ~。」てなもんです。

なにはともあれ簿記論は終わったわけで、財務諸表論に集中して勉強ができるようになりました。

そして迎えた本試験はまずまず良い手ごたえを感じ、おそらく大丈夫だろうという感触だったので、試験後は迷わず税法に進むことにしました。

が、12月の発表で予想外の不合格。えっ?
前の年、簿記論はダメだと思ったら合格で、今度は大丈夫だと思った財務諸表論は不合格。わけわからん。

この時点で税法2科目(相続税法、消費税法)の勉強がだいぶ進んでしまっている状態だったので、やむを得ず財務諸表論は後に回すという判断に至り、結局今年まで財務諸表論を寝かせる結果につながってしまいました。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック