FC2ブログ

日商簿記2級から簿記論へ

今年の本試験で法人税法を受けたことで、とりあえず5科目の受験を経験したことになります。今年の2科目の結果はまだわかりませんが、それぞれの科目について振り返ってみようかと思います。

まず最初の簿記論は、日商簿記2級からの流れでの受験でした。簿記2級に若干物足りなさを感じ、その後1級の勉強をしようかと思っていたときに、税理士試験の簿記論を知ったのが税理士試験のきっかけになりました。

簿記論の最初の年は、本試験から5,6か月前からのスタートでしたので、十分な学習ができたとまでは言えませんでしたし、簿記2級とは比べ物にならないはるかに難易度の高い本試験の問題に驚いたのを覚えています。

ただ、手ごたえとしては、やってできないことはないという印象を持ったことで、よし、税理士試験、本気で取り組んでみようという気にさせられました。

そして2年目。1年間本気で学習をしたので、だいぶ力はついているだろうと思って臨んだ本試験でしたが、まったく難解な問題に手も足も出ず、勝負にならず、1年目の方がよくできた、という感触で試験を終えました。

合格の可能性はほぼゼロだと思っていたので、本試験後も簿記論の学習を続けていたのですが、12月の発表で思いがけず合格の通知が。なぜ合格したのかさっぱり意味がわかりませんでした。

もちろん嬉しかったですが、予想外の出来事で、あっけに取られると同時に、その後の計画がまったく狂ってしまって、どうすりゃいいんだ?と大変困惑したのを覚えています。

そんなこんなで、ちょっとすっきりしない感を残しつつ最初の1科目、簿記論をクリアということになりました。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック