FC2ブログ

本試験の感想

あまり振り返りたくもないですが、一応感想を書いておきたいと思います。

まずは、初日の財務諸表論。

理論はボーダー高そうですよね。
ストックオプションについても、TACのファイナルチェック2回目の解説講義の最後の最後で基本事項の確認をしていたので、怯まずに済みました。
しっかり書けたかと言われると難しいところですが、全体的に割とオーソドックスな問題だったように感じました。
なので合格レベルの方はみなさんしっかりと書けているんだろうな、と思います。

一方で計算は、割と難しめだったと思います。
出だしから個々の論点自体は割りとスムーズに処理していけていい感触で解いていましたが、答案用紙のB/S、P/Lを埋める段階になって、アレ?あれ?ん?へ?となってしまってなんだかすっきりしないまま終わってしまいました。
科目足りなくないですか?その他って科目なんですか?
あと、注記の記号穴埋め10箇所ありましたけど、あれ10点分あるんですかね。大半の人は間違えそうにない感じです。残りの40点での勝負になってしまいませんかね?
計算の方はまったく点数が読めません。


2日目法人税

計算は、パッパラパーだ。
正直な思いとしては、そもそも試験問題として???な問題だと思った。
あの問題を正味70分程度の時間で適切に処理できた人は本当に凄すぎると思う。
事前に問題の内容を知っていたとしても厳しかったと思う。
それに計算過程の欄に「加算調整すべき項目と金額」「減算調整すべき項目と金額」という欄が設けられているのに、別表4も書かせるの?愚痴しか出てきません。

理論はまあ普通の問題だったかと思います。
1問は和解金関係、1問は連結納税。
和解金関係では、土地の立ち退きの話とガス料金の話はTACの講義でも取り上げていた内容なので、細かく書けませんでしたが結論は覚えていたので嘘は書かないで済みました。TACを受講された方はある程度対応できたのではないでしょうか。
連結納税は、マスターを暗記していれば概ね対応できた問題だったと思います。
法人税の方も、理論のボーダーがそれなりに上がってくる気がします。

どちらの科目も、理論はそこそこ、計算は難しい、という印象。んーまた来年もかな。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック