FC2ブログ

納税義務者の改正

相続税法について、納税義務者の規定が改正されています。

総合問題上は、被相続人は国内に住所があることがほとんどだと考えられるので、制限納税義務者は登場しないこととなり、注意点が減り、問題が解きやすくなったというような話もありますが、どうでしょう。

逆に注意点が増えたように思いませんか?

今までの注意点を注意しないようにする注意とでも言えばよいのでしょうか、今の段階では明らかに判断のテンポが遅くなってしまっています。3か月もあれば慣れるのでしょうけど。

あとは、生前贈与の資料においては、新旧の規定の適用が混在することになるので、こちらは新たに注意点が増えたということになります。

また、相続開始日が3月31日以前ということも想定しなければならないのでしょうか?もしそんな問題が出題されたら、従来の考え方に戻さなければなりません。その点も気になるところです。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック