FC2ブログ

2015年05月の記事 (1/1)

財務諸表論の理論

今回は財務諸表論の理論について書いてみます。

過去に何度か書いているところですが、税法科目はTACの通常の講座を利用した一方で、簿記論は全国模試のみ、財務諸表論については答練を目的に直前期のコースのみ利用しました。

なので、TACや大原の通常のコースにおいて、財務諸表論の理論についてどのような学習方法を採っているのか知りません。

税法科目では、理論マスターがあって、演習や答練の出題範囲に沿ってひたすら丸暗記というやり方なわけですが、財務諸表論も同じような感じなのでしょうか。

自分はどうしたかというと、税法のような丸暗記はしませんでした。

まず、市販教材の「基礎編」の「問題」をベースとしながら解答・解答への道を参考にしながら自分でノートを作りました。

そして、そこに赤マーカーを塗って緑の下敷きで穴埋め問題を自作した感じです。覚えるごとにマーカーの量を増やしていきました。穴埋めなので、文章を丸暗記という感じではありませんが、覚えるべき語句やポイントとなる文節をしっかり覚えていれば答案は作れるようになります。

少しお見せしますと、こんな感じです。
note12.png note26.png

手間も時間も掛かってしまいますが、自分でノートにまとめるので理解も進みますし、一度作ってしまえばあとは覚えるだけです。

A4のCampusノート1冊で十分足ります。35ページ程度です。後から書き加えられるように片面ずつ書いていったので両面埋っているページの方が少ないです。3日で一周する感じでした。

あと「応用編」については問題と解答をセットで覚える感じですかね。これはどちらかというと丸暗記に近い感覚かもしれません。

で最後、これに直前期の答練を加えました。加えたといっても、市販教材の「基礎編」や「応用編」と被る部分もかなりあるので負担にはなりません。

一発で合格はできませんでしたが、こんな学習方法でも合格にたどり着くことはできます。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



アコギの弦その2

以前にも書いたアコギの弦についてのその2です。

自分のための記録用です。

Ashtonのフォスファーブロンズ弦・CUSTOM LIGHT .011-.052(AS1152)

非常に安価な弦。
とても多くのマイナス要素があるけど、音自体は思いのほか良い。
明るく軽快で爽快感のあるサウンドでコードストロークが楽しい。
フィンガーピッキングだとおとなしい感じがするけど悪くはないと思う。
以下はマイナス要素。
弦が非常に油臭い。
6弦まとめて真空パックされていて、巻いてある径も他のブランドのものに比べて小さいために巻き癖がひどい。1,2弦は伸ばしてもクルンと巻いてしまうし、3~6弦は伸ばしてもかなり波打っている状態。
そのせいもあるのかチューニングが安定しない。張り替えた後のチューニングに10分以上かかった。
ボールエンドのところの折り返しの巻きが長くサドルの上に乗っかる弦が何本かある。短いのもある。要はバラバラということ。
弦があきらかにざらついていて、下手をしたら指が切れることもあるのでは?と思ってしまう。


gallistringsのフォスファーブロンズ弦・LIGHT SPECIAL .011-.052(LS50)

無駄のない非常に整った音がする。柔らかめだけどD'Addarioよりも芯がある音のように感じる。D'Addarioに比べるとキラキラ感は控えめ。
.011-.052のゲージなのにD'Addarioのライトゲージ(.012-.053)と比べてボリューム感が劣るという感じはしない。
ワイルドさはないが、コードストロークで程よい派手さがあり気持ちの良さがある。
張替え直後のチューニングが直ぐにカッチリと決まった。
かなり良い弦。とても気に入った。
500円以下と安いのも良いけど、取り扱っている楽器店が限定されていて、ネット購入での送料や実店舗までの交通費を考えると、結局高くなってしまう。


ERNiE BALLのフォスファーブロンズ弦・ .011-.052(2148)

アタック音に角がないまろやかな印象の音。
5、6弦は音の出だし直後の減衰が少ないように感じる。伸びが良いと言えるのか、若干他の音を邪魔する感じがあると言えるのか。
弦はちょっと固めで、指ざわりはMartinに似ている感じがする。
全体としてはバランスが良いけど、印象に残るかというとそうでもないし、ちょっと好みでもない感じ。


Gibsonのフォスファーブロンズ弦 ・ULTRA LIGHTS .011-.052(SAG-MB11)

最初の印象はERNiE BALLと似ている感じ。
ERNiE BALLより若干芯が太い感じがするけどそんなに違う感じもしない。
0.11~の弦だけど少し太めに感じる。
張替え直後より2,3日経った後の方が良い音がする気がする。
高いフレット位置にカポをしても割と元気な音がする。
指に伝わる感触的にはもっと鳴りそうな感じ。これはギターが貧弱なせいもあるんだと思う。


ARIAのフォスファーブロンズ弦・LIGHT GAUGE .012-.053(AGL-200L)

.011~の弦が好きだけど、このシリーズの.011~のセットは6弦が.050とだいぶ細いので.012~のLIGHT GAUGEを試してみた。
音はちょっと暗めの印象で、伸びやかな感じも受けない。
ローポジションのコードストロークだと6・5弦の低音が比較的しっかりしていてその点は良い印象。
でも艶がない感じがして繊細なフィンガーピッキングには向かなそう。
Ashton同様非常に安価な弦。Ashtonに比べると弦そのものの質だけで言えばだいぶ上。だけどサウンドだけならAshtonの方が好み。


gallistringsのフォスファーブロンズ弦・LIGHT GAUGE .012-.053(LS20)

.011~の弦がとても良かったので、.012~のLIGHT GAUGEも試してみた。
サウンドは.011~の弦同様にとても整った良い音がするけど、.011~の弦との違いはほとんどわからなかった。
太い分当然指ざわりは固く感じる。それでもMartinのCUSTOM LIGHTよりも柔らかく感じるかも。
.011~の方が当然柔らかいし、そっちの方が弾きやすいので自分としては.011~の方で良いかな。

まだ他にもたくさん種類があって試してみたいけど、今のところは、D'AddarioのEJ16とgallistringsのLS50が自分としてはポイントが高い。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村