FC2ブログ

2013年03月の記事 (1/1)

消費税法の上級演習6回目を受けました

消費税法の上級演習6回目を受けました。

いまいちです。
自分が感じるボリューム感と実際に解くのにかかる時間とのギャップが大きいです。
今回の問題もそれなりにボリュームはありますが、時間内に終わらないという程ではないかなという印象でしたが、結局終わりませんでした。
総合問題の計算パターンの部分での時間ロスは殆んどないと思うので、やはり取引分類の判断のスピードを上げるしかないようです。

今回の時間としては、
理論47分+計算73分=120分/120分
でした。

計算は、変動の調整の仕入れ時の課税売上割合までで終わりでした。
転用の調整と中間申告は先に済ませることができました。

間違えは、車両の買換えの資料が仕訳で与えられていて、仕訳の読み取りを間違えました。マイナス2点。
外注費(国外)を課税仕入れに入れてしまいました。マイナス2点。
あとは時間切れのところで2点×3箇所でマイナス6点。

理論は、事例問題で、課税事業者選択届出書が思いつきませんでした。

今回は解説講義で、計算問題の答案を時間の無い中でいかに体裁を整えて終わらせられるかという話があり、参考になりました。今後実践してみようと思います。



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



市販の総合問題

上級演習の解き直しや、トレーニングの繰り返しも必要ですが、たまには気分転換に違う問題もと思い、市販の総合計算問題集(応用編)をやってみました。市販といっても同じTACのですけどね。

第1問は、難易度B、制限時間75分の問題でした。
時間は65分でできたのでまずまずではないでしょうか。
(やっぱり上級演習11回目の70分は厳しい気がしますよ)

内容としては、定期借地権が久しぶりで一瞬あれ?って思いましたがなんとか大丈夫でした。
あとは、親族図がかなりエグイことになっていて、普段はまず間違えない相続分でミスってしまいました。第3順位の代襲で、甥が妹の内縁の夫との間の子だなんてちょっとあんた。。。

まあ、普段あまり見かけない内容が出てくる問題で刺激をもらうことも悪くはないでしょう。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習11回目を受けました

相続税法の上級演習の11回目を受けました。

上級演習も終盤に入ってきました。

今回は、120分フルに使いました。
が計算が最後まで終わりませんでした。あと2、3分あればなんとか。

理論29分+計算91分=120分です。
音声フォローの解説では、計算70分程度と言っていました。
確かに90分は掛かり過ぎというか、掛け過ぎな感じはありますが、70分で終わりますかね???

内容としては、葬式費用で引っ掛かりました。税額控除で電卓ミスをしました。マイナス4点です。
時間が足りなかった部分で解答できなかった箇所のマイナスが4点。
財産評価関係で間違いはなかったので、内容的には最終値まで合わせることができるはずの問題でした。
ただ、時間が足りなかった。本当に70分で終わるかなあ?解き直しで挑戦してみましょう。

理論問題では今回も事例問題の計算で2箇所とも間違えてしまいました。痛いですね。
事例理論での計算問題が課題になってきました。
それ以外の記述の部分では、計算問題との時間の兼ね合いで、注書きを省略した部分がありますが、書くべき事項としては間違いはないと思います。



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習10回目(返却)

相続税法の上級演習10回目が返却されました。

理論41点+計算48点=89点

今回は理論が足を引っ張りました。
不要と判断した柱が必要だったのと、事例の計算間違いです。
事例の計算は防げた間違いだったと思います。

理論では、書くか書かないか迷ったら書くようにするとよく言われますので、基本的にその考えでやろうとは思っていますが、書いてはいけないことを書いているのではないかという思いが決断を鈍らせます。

要するにそこまで判断しきれるだけの理解ができていないというべきことなので、本試験までは暗記とともに理解についても深めていかなければなりません。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

スクーリング

今日は、消費税法の通信講座のスクーリング制度を利用して教室受講してきました。

直前期から通信を通学に変えることができるようなので、それも検討してみようかと思い、講師の講義の感じやクラスの様子の下見をしてきたという感じです。

消費税法の直前期は、講義の回は3回だけで演習が6回だったと思います。演習を教室で受ける意味はある程度大きいと思っているので、他のクラスもあと1、2回受けてみた上で決めたいと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習10回目を受けました

相続税法の上級演習10回目を受けました。

今回は、点数的にはあまり良くない点数になりそうです。

かかった時間は、
理論43分+計算69分=112分

今回は理論が良くなかった。
信託に関する権利の問題で、「終了時」の規定が要るのか要らないのか迷って、不要と判断してしまいました。
また、申告・納付の事例問題で、還付金額の計算(記入)を間違えてしまいました。還付金額を書かなければいけなかったのに、控除金額を書いてしまいました。
この二つで大幅な失点です。

計算の方は、感触としては悪くありませんでしたが、また、電卓のミスをしてしまいました。
ケタが違うまったくあり得ない数字になっているのに、なんの疑問も感じずに進めてしまった。
それがなければ納付税額まで合わせられたのにと思うと、、、なんとも言われない。。。

あと、贈与税の個別問題のところで一つ考え違いがありました。
定期金給付契約に関する権利について贈与税の計算をしてしまいました。発生前は贈与税は無い。そうですよね。

理論の信託といい、保険金、定期金といい、みなし取得財産について細かい理解が足りていないのだと思います。
特に信託なんて身近に例がないので理解につながる手がかりが少なすぎます。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習9回目(返却)

相続税法の上級演習9回目が返却されました。

理論50点+計算50点=100点/100点
でした。

受けたときは、電卓のタッチミスや数字の書き間違いなどが多く、書き直し書き直し進めたので、あまり順調と言える回ではありませんでしたが、結果としては間違えなくできたことは良かったと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

優先順位

税理士試験の勉強をはじめて数年経ちますが、これは自分がやりたくてやっていることです。

やらされていることでもないし、やらなければならないものでもありません。

映画を見たい、おいしい食事をしたい、音楽を聴きたい、友達と遊びに行きたい、温泉に行きたい、税理士試験の勉強をしたい、どれも同じです。

なので、勉強をしなければならないために、やりたいことを何か我慢しているということではなく、やりたいことの優先順位のなかで、今は税理士試験の勉強がその先頭にあるというだけのことです。

なので、優先順位は下がるけれど、おいしいご飯を食べに行ったり、温泉に入りにいったりも、もちろんしてます。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

消費税法の上級演習5回目を受けました

消費税法の上級演習5回目を受けました。

今回は通信の添削対象ではないので、自己採点です。

まず、時間は、
理論37分+計算53分=90分/90分
でした。フルに90分使いました。

いつもの様に計算を先に終わらせてから理論を解いたのですが、問1の棚卸資産に係る消費税額の調整の規定で、必要以上に書きすぎたため、問2の事例問題で残りの時間をフルに使う結果となりました。

内容的には難しいものではなかったので、事例についても解答のとおりに書けていました。おそらくマイナス2点で済むと考えています。

計算では間違いは1箇所でした。
非居住者から受注した縫製代金・・・を免税売上げと判断してしまいました。
間違いはこの1箇所ですが、点数的にはここからのつながりで一気にマイナス8点と大幅減点。

簡易課税の計算は売上げの間違いが、そのまま仕入れ税額の間違えに直結するし、また、売上げ以外の部分ではそれほど難しいところはないので、今回の問題(配点)でいうと、50点取れなければ42点以下になってしまうというような感じだったのではないでしょうか。

ということで今回の点数は、
理論23点+計算42点=65点/75点
です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

消費税法の上級演習4回目(返却)

消費税法の上級演習4回目が返却されました。

理論49点+計算42点=91点

理論は、注書きを書かずに減点されました。
この注書きは無視しても良いというようなことだったので省略したんですけどね。

計算では、自己採点の通り、寄附金の取扱い、特例申告書の提出日の見逃し、調整対象固定資産で調整不要である旨のコメントを書かなかった、最終値、以上4箇所でマイナス8点。特例申告は防げたミス。

91点だと上位22.1%。
上級演習2回目が87点で30.5%だったところからは若干進歩はしているが、もっともっと上を目指さなければ。

昨年は、上級演習2回目が72.4%、4回目が79.0%だったことを考えるとだいぶマシなんだけど、今思うと昨年の今頃って全然だったんだなあ。。。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習9回目を受けました

相続税法の上級演習9回目を受けました。

今回は試験中いまいち集中できていなかった気がします。どうしてかわかりませんが。
ということで時間が比較的掛かってしまいました。
理論41分+計算71分=112分

特に計算は、数字の書き間違いを直したり、電卓のタッチミスで何回も同じ計算をやり直したり、挙句の果てには、みなし取得財産の欄で債務控除の計算をしてしまっていたのを書き直したりと、試験中何度も「なんだよ~」と心の中でつぶやいてしまいました。

解き終わった今回の答案用紙は修正だらけで汚い答案になってしまいました。

結局、問題の答えとしては間違いなく最後まで終わることができ、最終値まで合わせることができましたが、もっとスムーズにできたはずなのにという思いが強いです。

理論は、誤字脱字や思い込みで変なことを書いていければ大丈夫だと思います。

上級演習も後半に入ってきましたが、昨年の上級演習よりも易しい問題が続いているように感じますがどうなんでしょう?
自分の力が付いてきているからそう感じるのであればそれはそれでよいことなのですが、得点分布表などを見比べて確かめてみましょうかね。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習8回目(返却)

相続税法の上級演習8回目が返却されました。

理論50点+計算48点=98点

???

理論では書き漏らしたところがあったはずだし、計算は贈与税額控除で間違えて、あと最終値にも配点があったので、もっと減点されるべき。

点数はともかくとして、税額計算以降、後半の残り時間が少なくなった中での精度アップを今後の課題とします。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

もう3月

早いもので、もう3月です。残り5か月ということです。

長いようで、あっという間です。

改めて残りの期間を考えると、それだけでもちょっとドキドキしてしまいます。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

消費税法の上級演習4回目

消費税法の上級演習4回目を受けました。

まず時間は、
理論48分+計算58分=106分/120分でした。
理論は、今回の分量を考えるとこれくらいでよいのではないかと思います。
計算は、数字の読み書きの間違いが怖いので、少し慎重にやった結果なので、スピード的には速くない方だと思います。その分、今回は数字の間違いはありませんでした。

内容としては、
理論は、特に大きな問題なかったと思います。概ね書くことができました。今回は通信の添削対象なので採点は返ってきたものを見ることにします。
計算は、結構減点箇所がありそうです。
解っていなかったところは一箇所でした。寄附金の取扱いです。迷ってC対応にしてしまいました。
解っていたのに間違えたところが一箇所。特例申告書の提出日を見落としたというか、見逃したというか、普段のノリで軽くやってしまいました。
あと、調整対象固定資産で調整対象ではない資産に対するコメントを書きませんでした。前回は、調整対象でない資産について判定式を書かなかったらそこに配点があったので、今回は書きました。そしたら今回は、調整不要である旨のコメントに配点がありました。
今回の問題のボリュームからすると時間が余るので、丁寧にコメント等を付しながら解答する必要があるということでしょうか。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村