FC2ブログ

2013年01月の記事 (1/1)

相続税法の上級演習4回目を受けました

相続税法の上級演習4回目を受けました。

理40分+計65分=105分

今回は、理論問題に計算が絡む事例問題が出題されていたが、特に難しい要素はなく、事例といっても記述するのは単純な個別理論といえるものだった。

計算については財産評価の数が多かったように感じられた。
内容的にはそれほど難易度の高いものはないと思ったが、障害者控除でミスをしてしまった。既に控除を受けたことがある場合で、本人以外の者が控除を受けた分の金額を考慮し忘れた。
未成年者控除、障害者控除で既に控除を受けたことがある場合、障害の程度が変わっている場合などについて練習が足りないようだ。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



相続税法の上級演習3回目(返却)

相続税法の上級演習3回目の答案が返却されました。

理50点+計50点=100点

理論で漢字を一文字間違えたが減点されていなかった。
「織」を「識」と書いていた。
そもそも理論の字の汚さは、本当にあれでいいのか若干疑問が残る。
殴り書きとまではいかないが、かなり汚いと思う。
あれでは誤字の判別もままならないのでは?

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習3回目を受けました

相続税法の上級演習3回目を受けました。

今回は、理論の書く量が多めだったように感じました。
また、相続税法第3章(22条から26条の2)の部分は、なかなか覚えにくい条文で、昨年も苦労したところでした。
何とか書き切れましたが一箇所漢字を間違えてしまいました。

計算は特に問題なかったと思います。

時間は理論49分+計算58分=107分
計算に関しては、まだスピードアップできる余地があると思うのでしっかり練習していきたい。

教室で演習を受けるのは、通信で自宅で受けるのより断然いい。モチベーションも高まるしそれなりに緊張感も味わえる。自宅でリラックスし過ぎちゃうのはあまりよろしくないように思う。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習2回目(返却)

相続税法の上級演習2回目の答案が返却されました。

理50点+計50点=100点

最終値で転記ミスがあったが、最終値に配点がなかったので、点数としては満点になった。
何とか転記ミスを無くしていきたい。電卓の入力ミスと数字の書きミスは悔やんでも悔やみきれない。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

消費税法の上級演習1回目を受けました

消費税法の上級演習1回目を受けました。

通信では提出対象ではないので自己採点です。
理19点+計50点=69点/75点
理27分+計39分=66分/90分

計算は迷うことなく比較的スラスラとスピードも意識しながらできました。
理論は、非課税で考え違いをしていました。
「社会政策」という言葉は単なる日本語ではなく、意味のある言葉だった事を今日知りました。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

コンビニおにぎり

昨日、ローソンでおにぎりを買ったらお手拭きが入っていた。ちょっと感動。

普段自分の行動圏にあまりローソンがないので知らなかったけど、どこのローソンでも同じなら、おにぎりはローソンで買うことにしようかな。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習2回目を受けました

相続税法の上級演習2回目を受けました。

まずまず良くできたと思う。
理論、計算ともに特に引っ掛かる論点は無かった。

ただ計算で一箇所、最後の最後に配偶者の税額軽減で最終値の転記ミスをしてしまった。転記ミスはまずいよなあ、しかも最終値。
この転記ミスが本当に減らない。521を512とか649を694とか。注意していてもミスる。あまり気にし過ぎると全然先に進めなくなるし、頭がいたい。

今回の解答時間は、理26+計79分=105分だった。
計算は自分の中ではかなりスピードを意識してやったつもりだったけど、わりと時間が掛かった気がする。
理論の分量が少ない分、計算に時間を回せたので、全体としては悪くないとは思うけどどうでしょう?

今年の相続税法は通学にしました。
通信だと今回は提出対象ではなかったと思うが、通学だと採点はしてもらえるようで、これはありがたい。
また、ちょっとした疑問点も直ぐに講師に質問できるのも良いところだと思う。
ただ、今日は首都圏は雪の影響で交通の乱れが酷く、乗り換えの度に足止めをくらい、疲れてしまいました。
そんな中、晴れ着姿の新成人をたくさん見ました。彼らも相当大変だったろうなあ。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

相続税法の上級演習1回目(返却)

相続税法の上級演習1回目の答案が返却されました。

昨年との点数の比較

昨年 理30+計64=94
今年 理30+計70=100

再スタートの出だしとしては良好だと思う。
時間も100分かからなかったので昨年に比べてだいぶ早くなっていると思う。

基本的に昨年の復習なので、どんどん自分のペースで進めていきたい。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

上級コース始まっています

あっという間に年が明け、上級コースが始まっています。

相続税法は、既に1回目の上級演習も終わっています。

基本的に昨年の内容と大きく変わっているものはなく、目新しい話は多くありませんので、その分、自分でどんどんと進めていきたいと思いっています。

上級トレーニングはまだ1冊目しか配布されていませんので、昨年のトレーニングも使って計算の練習を何回も繰り返しつつ、理論も先行してどんどんいきたいと思います。

意外だったのは、理論が思いのほか頭に残っているということ。「0か100か」みたいな状態になってしまっているのかと思いきや案外そうでもないので、理論についてはある程度余裕をもってできそうです。

相続税法で昨年と変わっているところといえば、利息、配当の源泉税の率に復興税が加味されて、乗じる税率が変わっていること。端数処理の関係で電卓が面倒くさくなってしまいました。

あとは、当然ですが、相続の発生「年」が平成25年になっているということ。生前贈与の資料の読み取りで若干注意が必要。昨年は、3年以内の判定が平成21年で、開始年分の贈与が平成24年だったので、この感覚がまだ残っていて、思わず平成24年分の贈与を贈与税額控除の対象にし忘れることがあります。この辺は徐々に慣れていくでしょう。


にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村